TAG

ショーロ

104

ジアン・コヘア – Gian Correia

ジアン・コヘアは7弦ギタリスト、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーでもある。彼の創作による最初の作品「Mistura 7(ミックス 7)」(YB Music、2013年) は、イビラプエラ多目的ホールのステージでリリースされ、様々なメディアを通 […]

西 陽子 – Yoko Nishi

箏曲家。和歌山県出身。4歳より生田流箏曲の手ほどきを受け、12歳より沢井忠夫・沢井一恵の両氏に師事。弱冠 16 歳で日本三曲コンクール入賞。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。卒業と同時に皇居内桃華楽堂にて御前演奏。平成5年度文化庁芸術研修員に選ばれる。 […]

ヒカルド・ヘルス – Ricardo Herz

ヒカルド・ヘルスは新しいブラジルのバイオリン奏法を創り上げた。彼のテクニックは、アコーディオンの呼吸、ハベッカ(バイオリンの原型と言われる楽器)の唸り声、伝統的かつ現代的なショーロの美しいメロディーをバイオリンで表現する。ドミンギーニョス、ルイス・ゴ […]

片山 叔美 – Yoshimi Katayama

12歳からピアノレッスンを受け、主にクラッシックを学び、その後J-popに魅せられシンガーソングライターを志す。 作曲の要素を求め、有線放送で民族音楽チャンネルを聴いていたが、ボサノバチャンネルに強く興味を惹かれ、ブラジル音楽に傾倒、またポルトガル語 […]

ハファエル・トレド – Rafael Toledo

タトゥイ・コンセルバトワールでパーカッションを修得、アニェンビ・モルンビ大学で音楽制作科を卒業。現在はクリオーロ、エドゥアルド・グヂン、カルリーニョス・ヴェルゲイロ、フランシネス・ジェルマーノ、デオ・ヒアン、ジアン・コヘア、ジョアン・デ・アルメイダ・ […]

ナイロール・プロヴェッタ – Nailor Proveta

1977年、カルロス・ゴメス音楽院(カンピーナス市) にてクラリネット講座、音楽理論講座 、オーケストラ用編曲、和声法と楽器編成 を クラウディオ・リアル教授に師事。 音楽におけるソルフェージュを ハリー・バチオッティ教授に、楽器演奏法と音楽鑑賞法を […]

エンヒッキ・アラウージョ – Henrique Araújo

エンヒッキ・アラウージョは現在のブラジル音楽シーンの中で、カバキーニョ、バンドリンの重要な代表的存在。 2008年、サンパウロ州立自由音楽大学でバンドリンとカバキーニョのコースを卒業し、2013年FAAM大学で作曲と指揮を専攻、様々なコンサートに参加 […]

シェン・リベイロ(シェン・響盟) – Shen Ribeiro

ブラジル、サン・パウロ州出身。サン・パウロ市立音楽学院でフルートを学び、 サン・パウロ州立ジュニア・オーケストラや市立ジュニア・オーケストラの主席フルーティストとして活躍。 1985、86年にはオーケストラ委員会委員長を務める。 南米音楽祭(アルゼン […]