アドリアーナ・ゴドイ – Adriana Godoy

アドリアーナ・ゴドイはサンパウロ市出身、2020年6月で24年のアーティスト歴を数えた。個人授業も含めて、ポピュラーソングの教師を始めて19年になる。14年間にわたり音楽学校CLAM(サンパウロ)の教師陣の一端を担うと共に、サンタ・マルセリーナ大学( […]

アレシャンドリ・ヒベイロ – Alexandre Ribeiro

セヴェリーノ・アラウージョ、ナイロール・アゼヴェド、パウロ・モウラなどの偉大なクラリネット奏者の継承者であるアレシャンドリ・ヒベイロは、潤沢なテクニックの持ち主である。彼の繊細で美しい表現は、一つ目の音を奏でた直後に聴衆を催眠術にかけてしまう。 彼の […]

ホベルタ・ヴァレンチ – Roberta Valente

パンデイロ奏者、プロデューサー、ブラジル音楽研究者。 サンパウロのサンバ、ショーロの代表的な存在であり、多様なプロジェクトでサンバ、MPBの歌手と共に演奏するにとどまらず、ショランド・アス・ピタンガス、オー・ド・ボロゴド、パノラマ・ド・ショーロ、ショ […]

ヤニエル・マトス – Yaniel Matos

サンパウロ在住、サンティアゴ・デ・クーバ(キューバ)出身のミュージシャンであり、現代キューバ音楽の最前線を代表する存在。分かち難い、チェロ奏者かつピアニストとして、様々な楽曲を会話のようなスタイルで演奏している。 ハバナにあるキューバ国立芸術大学(I […]

シヂエル・ヴィエイラ – Sidiel Vieira

13歳でベーシストと作曲家の道を志し、市立音楽学校、サン・カエターノ・ド・スル芸術財団、サンパウロ州立ULM音楽大学で学ぶ。 オルケストラ・ジョーヴェン・トム・ジョビン、バンダ・ジャズ・シンフォニカ・デ・ディアデマ、ビッサンブラス・ビッグバンドで演奏 […]

チアゴ・タバレス – Thiago Tavares

サンパウロ国立大学でマルコ・アントニオ・ダ・シルバ・ハモスとアイルトン・エスコバルに師事し、指揮の学位を取得。さらにギターをエデルトン・グロエデンに師事。 彼の最初の指導者達は、指揮者ジャミウ・マルフ、リジア・アマディオ、アルベルト・ホッキ・サンタナ […]

ジアン・コヘア – Gian Correa

ジアン・コヘアは7弦ギタリスト、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーでもある。彼の創作による最初の作品「Mistura 7(ミックス 7)」(YB Music、2013年) は、イビラプエラ多目的ホールのステージでリリースされ、様々なメディアを通 […]

セルジオ・ヘゼ – Sergio Reze

アメリカのミュージシャンズ・インスティチュートの名誉卒業生、ドラマーでありパーカッション奏者のセルジオ・ヘゼは、ブラジルに帰国して以来、世界的なブラジル人ミュージシャン達と共にショーやレコーディングに参加している。 主な共演者としては、アンドレ・メマ […]

タデウ・ホマーノ – Thadeu Romano

アコーディオンという名前でも知られている楽器、サンフォーナ。空気を振動させて音を出す楽器、そのハーモニーは、「蛇腹の付いたハーモニカ」、「手回しオルガン」などとも親しまれ、ブラジルの様々な地方音楽のトレードマークだ。 ルイス・ゴンザーガ、ドミンギーニ […]

ヒカルド・ヘルス – Ricardo Herz

ヒカルド・ヘルスは新しいブラジルのバイオリン奏法を創り上げた。彼のテクニックは、アコーディオンの呼吸、ハベッカ(バイオリンの原型と言われる楽器)の唸り声、伝統的かつ現代的なショーロの美しいメロディーをバイオリンで表現する。ドミンギーニョス、ルイス・ゴ […]