TAG

ボサノバ

106

西 陽子 – Yoko Nishi

箏曲家。和歌山県出身。4歳より生田流箏曲の手ほどきを受け、12歳より沢井忠夫・沢井一恵の両氏に師事。弱冠 16 歳で日本三曲コンクール入賞。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。卒業と同時に皇居内桃華楽堂にて御前演奏。平成5年度文化庁芸術研修員に選ばれる。 […]

シェン・リベイロ(シェン・響盟) – Shen Ribeiro

ブラジル、サン・パウロ州出身。サン・パウロ市立音楽学院でフルートを学び、 サン・パウロ州立ジュニア・オーケストラや市立ジュニア・オーケストラの主席フルーティストとして活躍。 1985、86年にはオーケストラ委員会委員長を務める。 南米音楽祭(アルゼン […]

ファビオ・トーレス – Fabio Torres

5歳でピアノの勉強を始め、現在に至る。ファビオの音楽はバッハ、ショパン、ラヴェルの楽譜研究に捧げた多くの時間、およびジャズの巨匠 コルトレーンとマイルス・デイヴィスの熱狂的なリスナーである事から成り立っている。 しかし、ファビオが自分のスタイルを確立 […]

セルソ・ヂ・アルメイダ – Celso de Almeida

歌手 ホーザ・パッソスのドラマーとして北米、ヨーロッパ、アジアで数々のジャズフェスティバルに参加。 「ブラジル・インストルメンタル・ミュージック」を世界的に発展させたCD『コン・アルマ』をレコーディングしたバンダ・マンチケイラの主要メンバーを4年間に […]

ラエルシオ・ヂ・フレイタス – Laércio de Freitas

ブラジル国サンパウロ州カンピナス市出身。1957年カルロス・ゴメス音楽院ピアノ科卒業。 1966年よりヨーロッパ、アジア、メキシコの国際舞台でデビューする。 1960年代末に有名なタンバ・トリオのピアニスト、ルイス・エサの後継としてタンバ4を受け継ぐ […]