ガブリエル・レヴィ – Gabriel Levy

アコーディオン奏者、アレンジャー、作曲家、教育者、音楽プロデューサー。ガブリエル・レヴィはパラブラ・カンターダ、セウマール、アントニオ・ノブレーガ、ゼー・ジェラルド、ヴァネッサ・ダ・マタ、クラウジオ・ヌッシ、イヴァルド・ベルタッツォ、クインテット・ヴィオラド、ホベルト・コヘイア、ジャキス・モレレンバウム、ルイス・タチーチ、ジョゼ・ミゲール・ウィスニック、アルトゥル・ネストロヴスキ、ナ・オゼッティ、カルロス・カレカ、シコ・サライヴァ、マルセロ・プレット、トニーニョ・カハスケイラなどの独自のスタイルの重要なブラジル人アーティスト達のかたわらで、ショーやCDに関わってきた。

国際的なアーティスト達で構成されるオーケストラ、オス・トレス・テノーレス、ウテ・レンパーなどのブラジルツアーのメンバーとして招待される。


ワールド・ミュージックを取り巻く第一線のブラジル作品、マワカ・オーケストラ・ムンダナ、ムトリブ、トリオ神楽坂、和音、リュート奏者サミ・ボルドーカンに参加、歌手フォルトゥーナの音楽監督であり、2013年のプレミオ・ダ・ムジカ・ブラジレイラでベスト音楽プロデューサーとしてノミネートされた。

劇場、ダンス、ステージ・パフォーマンスの音楽にいそしみ、シベレ・フォージャズ、アントニオ・アラウージョ、デボラ・デュボイス、マルコ・アントニオ・ブラス、ナウム・アルヴェス・デ・ソウザ、ホベルト・ラジェのかたわらでディレクターを務める。

音楽教育者、アレンジャー、コーラス指揮者、プロデューサー、音楽監督として、多数のCDに関わってきている。

バンダ・マフアー、オーケストラ・コメッタ・ガフィなど、ブラジルリズムの多様なグループに携わる。

テレビでもシリーズ化された、ブラジルのアコーディオンに関するドキュメンタリー映画「サンタ・ルジアの奇跡」の中でアコーディオン奏者の一人として描かれた。作曲家として彼の作品は、デュオ・アサード、アメリカ人チェロ奏者ヨーヨーマ、キューバ人クラリネット奏者パキート・デ・リベラなどの世界的なアーティスト達によって演奏されている。


作曲家、器楽奏者として、ポルトガル、フランス、スペイン、イギリス、スイス、ドイツ、エル・サルバドル、ベネズエラ、ボリビア、日本、中国などの多様な国際ツアーに参加し、ワールドミュージックとインストゥルメンタル・ミュージックに貢献している。

現在は自身のトリオまたはクィンテットで、トラディショナルなレパートリーや世界の音楽からインスピレーションを受けた作曲作品を演奏している。2015年、PROAC(文化行動プログラム)から、彼のファーストインストゥルメンタルCD作品「Terra e Lua(大地と月)」が受賞、2016年にベスト器楽奏者として、プレミオ・ダ・ムジカ・ブラジレイラにノミネートされる。

Gabriel Levy – Episódio Completo
terra e lua